本文へジャンプ

特別企画展 篠崎三朗x古内ヨシ 2人展
illustrator, picture book artist Mitsuo Shinozaki & Yoshi Furuuchi

絵本作家の篠崎三朗さんと古内ヨシさんの、あたたかくやさしい世界が拡がります。

2021年10月10日(日)~10月23日(土) 11:00~18:00
 初日 12:00~18:00 / 最終日 11:00~17:00
 12日(火)、19日(火)休廊

特別企画展 絵本作家 篠崎三朗x古内ヨシ 2人展

篠崎 三朗(しのざきみつお)プロフィール
1937年、福島県に生まれる。 桑沢デザイン研究所グラフィック専攻科卒業。東京イラストレーターズ・ソサエティ、日本児童出版美術家連盟会員。現代童画会ニコン賞、高橋五山賞受賞。 ミュンヘン国際児童図書館より絵本『おかあさんぼくできたよ』(至光社)、挿し絵『おじいさんのランプ』(小峰書店)が国際的に価値ある本として選ばれている。 その他、『かさじぞう』(くもん出版)など絵本、挿し絵多数。

古内 ヨシ(ふるうちよし)プロフィール
1952年愛知県生まれ。絵本作家。子どものころから絵を描きつづける。色が重なってどろどろになっても描きつづける。10歳で油絵をはじめ、15歳で洋画家・白浜禎吉氏に師事。イラストレーターをへて、40代で絵本の世界へ。主な絵本の作品に、『おばけのムニムニ』(あかね書房)、『ともがき』『子ぐものいのり』(文・久留島武彦/幻冬舎ルネッサンス)、『ながーいでんしゃ』(至光社)、『すごいサーカス』『オナラせんせい』(絵本館)、『つきよのニャロベエ』(論創社)、『ウシくんにのって』(絵本塾出版)など多数。

ご来場の際にはマスクの着用をお願いいたします。また、状況によりスケジュールが変更の場合もあります。

Page up