本文へジャンプ

コピスリレーエッセイ第2回 「コピスの森のお話」 by 柏木 照美 (イラストレーター)

◆そのいち

私がコピスの森に迷い混んだのは、2003年「LOVE IS」というパステルと色鉛筆の展示に参加させて貰った時からでしょうか?
友人の展示を見に来たのが始めてコピスに来たきっかけですね。
コピスの森は深いですよー。
鬱蒼とした森、美しい花々、池や湖や洞窟・・・etc
天使や妖精や魔女も居るんですよ。
危険な場所も.あります。
言葉にしてはいけない●●●(ピピーーッ)も・・・。

◆そのに

コピスにはサニー君という看板犬が居ます。
お客さんが来るとワンワンワンとお出迎え。
尻尾を振って愛想を振りまきます
ひとしきり振りまくと、テーブルの下の自分のベッドに帰っちゃうんですよね。
営業スマイル?(笑)
私も始めのうちはいらっしゃいの挨拶だけでしたが、何時の頃からか懐こく寄って来るようになり・・・。
今はコピスに行くと熱烈歓迎してくれます。
そしてお腹全開 撫でろーー と(笑)
サニーの歓迎を受けるようになるとコピスの森の一員になれるのでしょうかね(笑)

◆そのさん

ギャラリーコピスとは・・・
笑いありメルヘンあり真面目あり●●●●(ピピピーッ)あり。
森に相応しい奥深さです。
皆さんも、迷い混んでーー! 仲間になりましょう~!

次ぎのバトンはコピスがオープンした時からのおつき合いの大御所にお渡しします。 お楽しみに~

柏木 照美 (2009.10.27掲載)

「コピスの森のお話」柏木 照美
Page up