酒井隆夫作陶展 ~NICHIJO XVII~

17回目になる「酒井隆夫作陶展」が始まりました。
お客様から「この展示が始まると、春が来たって思うわ」と言われます。
そう、毎年、春のお彼岸の頃ですから、季節を感じていただけるんです。

酒井さんとは、コピスの中でも一番、不思議なご縁があるのです。
以前、小淵沢で知り合ったのに、奥様が私の高校の先輩だったとお書きしたのですが、
他にもいろいろ。

私は、コピスをオープンする前に、撮影関係のフリーランスのカメラマンやスタイリスト、
ヘアーメイクが所属するマネージメントオフィスにいました。
私もイラストレーターとしてその事務所に所属していて、自分の営業や制作の傍ら、
社長の女親分と私とで総勢10人以上のスケジュールやギャランティの管理をしていたのです。
一日中電話が鳴りっぱなしの忙しくて、楽しい活気ある仕事でした。
場所は中目黒、目黒川沿いの目の前が桜並木の可愛い事務所で、
駅近くの「ばってん」というお店は私のおなじみで、仕事帰りにビールをグイグイっ・・・
(あぁなつかしい)おっと!

まぁ、酒井さんの展示を楽しみに来てくださる沢山のお友達の中に小学生からのお友達も。
りっちゃんと呼ばれるその方と色々お話しするようになって「ええええええ」とお互いに驚き。

私の事務所に、所属していたカメラマンチームは、
彼女が経営していた「黄色いカラス」という洋食屋さんで、ほぼ毎日ご飯を頂いていたのでした。
当時私とボスは「今日もカラス?」と聞くぐらいで、そのお店は「ばってん」の3.4軒並び。
私も伺ったことがありました。

そしてさらに、お嬢さんが、何か月も航海に出る客船でマッサージのお仕事をしていると。
「私の文化学院の後輩のお嬢さんも、エステのお仕事で客船に乗っているのよ」
「もしかしたら知っているかも・・・」「○○ちゃん」
「はい!なんと。お友達でした!即電話!「うっそぉぉ~」
ほんとぉに 嘘みたいです。。。

なんでここまで、というくらい、実は酒井さんと共通のご縁の方が他にも・・・
それはまたの機会にお話ししますね。

素敵な酒井さんの陶器展は4月1日までです。ぜひ遊びに来てくださいね。