こいつぁ春から

雨の土曜日、歌舞伎小道具よもやま話、
アメニモマケズ大入り満員大盛況でした。

お持ちいただいた小道具の数々に、会場からため息と笑いが。

四谷怪談で使われる抱き子が一瞬のうちにお地蔵さんに変身。
美味しそうな鰹が三枚に下ろされたり。
花魁の高さ30cmの三枚歯の下駄を履かせていただいたり、
刀の歴史やエピソード、かっこいい抜き方まで伝授いただき、
役者さんたちのこだわりや、裏話なんかも聞けて
増々舞台を見る楽しみが増しました。

藤浪小道具さん144年の歴史に拍手です。

今年の秋には、深川江戸資料館も「歌舞伎」のイベントが予定されています。
同じ時期にコピスでも「歌舞伎展」が開催。

つくづく 日本て素敵だなぁ と思える楽しい時間でした。