落語会

1月23日(土) コピスのサニー取締役が13歳のお誕生日の日。
暖かだったお正月が嘘のような、この日を狙ったかという寒さ。
サニーは、ボアのシーツにほか〇ん付で、ぬくぬく誕生日を迎えました。

雪にならなきゃいいなぁーと空模様を気にしながら「落語会」がスタート。

古今亭菊志ん師匠の歯切れのいい江戸前の語り口にコピスは笑いに包まれました。
二席の予定でしたが、なんと「えーもう1席、お時間の許す限り・・・」と
超お得なおまけつきで。
「かつぎ屋」「ガマの油」「宮戸川」の3席となりました。

そのあとの懇親会では、手ぬぐいとお扇子で、
キセル煙草の詰め方や、吸い方、そばの食べ方などなど
みんな楽しく落語家気取り。

手ぬぐいは、師匠にサインをしていただいてお土産になりました。
大きくなったら落語家か漫画家になりたかった〜という。
漫画家で落語大好きなはざま隆治先生と師匠の掛け合いがこれまた、大笑い。

Eテレの番組内で、イラストを描かれていた篠崎三朗先生とは
なんとその声の主が菊志ん師匠だったことが判明したり。
心配だった雪なんぞふっとばす勢いで終電近くまで盛り上がりました。

いやぁ 福笑い初笑いの楽しい夕べでございました。